「言ってみるもんだね」が叶うISAHAYAのリフォーム

諫早建設株式会社

電話でのお問い合わせはこちら 042-343-7890

内装・設備まるごとフルリフォーム

車いすで動きやすい、動線づくりへのこだわりのある家

 

今回のご相談は、水上様邸。

 

元々二世帯住宅でしたが、お客様のお母様が車いすが必要な生活になってしまいました。当初は建て替えを考えましたが、「既存不適格」(昔は違法ではなかった家が、今の基準では違法となってしまうことを指す)と判定され、建て替えをすると、面積を縮小しなければなりませんでした。

それだと、お母様の生活に支障が出てしまうので、車いすで生活できるようにバリアフリー的に内部をスケルトンリフォーム(設備の入れ替えや部分的なリフォームではなく、住まいを一旦、スケルトン(骨組)のみ残して、内装や設備をまるごとフルリフォームする方法)する選択をしました。

Before

dsc02247_r dsc02279_r 

dsc02281_r dsc02325_r

 

After

dsc09252_r dsc09257_r

dsc09261_r dsc09262_r

 

 

階段の位置や、廊下の幅も変更し、車いすで動きやすいように動線を工夫しました。
抜いても良い柱や壁は極力抜くことで、広い空間を生み出しました。
また、必要な場所に必要なだけ、必要な高さの手すりを付け、よりお母様が暮らしやすい家になるようにしました。
もちろん玄関もバリアフリーになっています。
予算の関係で、エレベーターは付けられませんでしたが、階段昇降機を付けることで、2階への昇り降りの問題もカバーすることができました。

Top